英語で「病気」なんて言いますか?①

English Class 庄内通校

大英個別指導学院庄内通校の西森です!

30記事まで毎日投稿企画の4つめの投稿です。

 

今日は「病気」という英語の表現について紹介します。

西森は何度か海外渡航経験がありますが、毎回体調を崩します。

体調の悪さを表現するには、この知識は必須なわけです。(笑)

 

sickness

一番最初に思いつくのは”sick”だと思いますが、実は正しくは”sickness”です。

“sick”と”sickness”の意味を見比べてみましょう。

sick 形容詞

①⦅特に米⦆体調不良の,病気の(中略):a sick child 病気の子供

②吐き気がする,むかむかする,(以下省略)

瀬戸賢一,投野由紀夫『プログレッシブ英和中辞典』第5版,2012,小学館(以下断りがない限り本誌より引用),p1815

 

sickは形容詞というのがポイントです。

形容詞は名詞を修飾するので、sick単独では使えず名詞とセットで使うわけですね。

(叙述用法で使ったり補語になったりするから…といいたい方の気持ちはわかりますが、入門編ということで勘弁してください。)

  • sick man 病気の男性
  • sick bird 病気の鳥

こんな感じで使うということですね。

sickness 名詞

①病気・不調(病名が明確なものはdisease)(以下略)

②吐き気・むかつき(以下略)

出典:p1816

こちらは名詞ですね。単独で使用ができて、主語・目的語・補語になることができます。

中学生なら主語と目的語(動詞の対象になる言葉)になれるのが名詞くらいでいいと思います。

There are drugs to treat sleeping sickness.

There is much sickness in the area.

出典:SKELL:https://skell.sketchengine.eu/#result?query=sickness&lang=en&f=concordance(2月19日閲覧)

例文としてはこんな感じですね。

一つ目の例文は sleeping sickness;睡眠に関する病気という形で使われていますね。

2つ目の例文は、much sickness;たくさんの病気という形ですね。

(有識者諸賢は両方補語じゃないかと思われるかと思いますので…)

ついでに使うものとして、sea sicknessで船酔いという表現もありますよ!

 

ともあれ、病気という表現の話でした。注意点は形容詞か名詞かということですね。

単語の暗記には品詞(動詞・形容詞などなど)もセットで覚えておく必要がありますね。

 

ちなみになぜ表題に①がついているということは、②があるということです。

なにせsick/sicknessしか紹介していませんからね(笑)

 

ということで次回をお楽しみ(?)に!

LINEで大英のことを質問できます!!↓↓↓↓↓↓↓
友だち追加

関連記事

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

アーカイブ