“will”と”be going to”の違い

English Class 庄内通校

大英個別指導学院庄内通校の西森です!

3記事まで毎日投稿、20記事目です。

とうとう20ですよ…!あと10記事頑張っていきます。

========

今日は久しぶりに英語のお話。

“will”と”be going to”の違いについて書いていこうと思います。

といっても細かい話までしすぎるのは大変なので、大まかに説明していきますね。

ポイント①:未来「ーするだろう」

両者の意味で一番思いつくのは、未来ですね。

中学校2年生で習う表現なのでご存じの方も多いと思います。

中学校では、同じ意味として習いますが、ニュアンスに違いがあります。

be going to は近い未来の予測を、willは未来の近さに関係なく使います。

  • be going to

My firm is going to start producing videos.  私の映画の映像製作が始まるだろう。

→映像の製作は近い未来に近い。

  • will

It will be sunny. そのうち晴れるだろう。

→どこかの未来で晴れる。(近い遠いは関係がない)

be going toがなぜ近い未来なのかといえば、

“be going”という言葉に現在進行形のような着々と(準備が)進んでいるイメージがあるので、

準備ができているのなら近いうちにそれが実行されるだろう、といった感じです。

ポイント②意志「ーするつもりだ」

①で見たように未来のことを表すことから、「未来に対する気持ち」=意志という連想は可能ではないでしょうか。

(言語学的な厳密性は無視しています)

be going toは前々から考えられていた意志、willはその場で決めた意志を表します

  • be going to

I’m going to go to Hokkaido tomorrow.  明日北海道に行くつもりです。

→この予定は元々計画されていたもの。

  • will

A:I want to talk about marriage with you. あなたと結婚について話しあいたい。

B:OK. I will call you back later! わかった。またあとでかけなおす!

→かけなおす決断は、その場でされたもの。

 

be going toの既に進行中のイメージが意志の話でも使われていますね。

対してwillはその場で、ぱっと決断された感じがあります。「じゃあーするよ」みたいなかんじでしょうか。

 

============

「未来」「意志」という二つの観点から”be going to”と”will”の違いを説明しましたが、

be going to とwillとは用法が似ていて、どちらを使ってもほとんど差がない場合もある(以下省略)

江川泰一郎『英文法解説』(1991,金子書房)p221

ということも頭に入れておいてください。

ただこの違いを知っていることは

会話などでも細かい意図を伝えることができるので、絶対に無駄になりません。

ということで、”be going to””will”の違いでした!

(本投稿は江川泰一郎『英文法解説』(1991,金子書房)を参考に作成しています。)

 

==========

 

明日は公立高校B日程の筆記試験ですね。

私から伝えることは変わりません。

とにかく「自分」を大きく見せようとしないこと。

落ち着いて行ってきてください。

 

==========

教室長の性格が見える?!教室長の投稿はこちら

大英個別指導学院庄内通校の紹介記事はこちら

LINEで大英のことを質問できます!!↓↓↓↓↓↓↓
友だち追加

関連記事

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

アーカイブ